院長のブログ

コロイドヨードで、たった1か月後、初期の前立腺がんが消えた!

前立腺がんの治療は、手術療法、放射線療法、ホルモン療法などがあります。

しかし、どれも根本的な治療ではありません。

一般的に前立腺がんは進行がゆっくりなので、
初期は経過の観察ということが多いようです。

62歳、男性の症例です。

PSAという前立腺から分泌される物質がありますが、
前立腺が炎症を起こしたり、がんになったりすると検査値が上がってきます。

この方は、7月の検診でPSAの上昇を指摘され、
8月の生検で、がんと確定診断を受け、
経過を見ましょうという対応になりました。

9月に私のクリニックで採血検査をしたところ、
PSAがさらに上昇していました。

すぐに、ヨウ素溶液の飲用と
肛門から溶液を注入する療法をしたところ
わずか1か月で、検査値が正常になりました。

彼は、前立腺がんという恐怖から解放されました。

肛門から、ヨウ素溶液を注入する方法は、
子宮頸がん、直腸がん、内痔核に対しても応用ができそうです。

ページトップへ